トップ / 加齢臭抑制が期待できるお茶は

緑茶で加齢臭を撃退する

茶葉エキスに含まれる「カテキン」「「エピガロカテキンガレート」の持つ強力な抗酸化作用が、加齢臭の防臭効果に効果を発揮することがわかりました。ではお茶の中でも特に加齢臭を抑えてくれる種類は何なのでしょうか?

・お茶を飲むなら緑茶を選ぶ
緑茶は、茶葉を釜で炒ることで酵素の働きを止めて、酸化を起こさせないようにしています。これを不発酵茶といい、カテキンの減少が非常に少ない製法です。同様に「不発酵茶」である柿の葉茶、いちょう葉茶、熊笹茶にも高いカテキン濃度が期待できます。対して烏龍茶や紅茶は酸化の過程が入る発酵茶のためカテキン類は減少します。ただし、紅茶に含まれるテアルビジン類は、カテキンが合体したものであり、研究段階ではありますが、抗酸化作用があると期待されています。

・緑茶は熱湯で入れる
しっかりカテキンを抽出するにはなるべく高温のお湯を利用するようにしましょう。煎茶、玉露など温度を低くして入れるタイプの緑茶はカテキンの積極的な摂取には不向きです。

・緑茶は一番安価「四番茶」を
初夏の新茶摘みから始まる茶摘みの中で一番最後の時期に摘まれる茶葉「四番茶」は、当然その分たくさん太陽の光を浴びています。この茶葉のエキスには茶葉成分テアニンが日光に反応してできたカテキンがたくさん含まれています。実はこのお茶が一番安価に買えるお茶でもあります。加齢臭防臭効果のあるカテキン摂取を目的に緑茶を飲むなら一番安い四番茶を熱湯で入れるのが一番効果的なのです。

そして、茶摘みの初めで摘まれる煎茶、玉露などはカテキンに分解される前のうま味を出す成分のテアニンが多く含まれているわけです。とても美味しいお茶なのですが加齢臭対策としての効果はあまり期待できないようです。