トップ / 加齢臭に効く茶葉エキスの入浴法

入浴剤としてつかうだけでも効果的

「すでに自宅にある茶葉を使って、カテキン効果は得られる方法があるのでは?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。昔からお茶の茶葉エキスの効能は知られていて、お茶として飲む以外にも色んな利用方法で使用されていました。

茶葉エキスのカテキン効果を効率的に取り入れられるボディソープやサプリメントは確かに便利ですが、ご自宅の茶葉を使った緑茶効果を取り入れる方法がたくさんあるのです。

特に有名なのが「茶風呂です」
湯船に茶葉を詰めたお茶パック2,3個を浮かべてみましょう。防臭効果はもちろん、美肌効果も期待できます。特緑茶に含まれるサポニンには、角質を除去し肌を柔らかくする効果が絶大です。

お茶を飲み終わった後に残る茶殻もまだまだ捨ててしまうにはもったいない!飲んだお茶の中に「エピガロカテキンガレート」などのカテキンは抽出されてしまいますが、茶がらにはまだカテキンポリフェノールと呼ばれる防臭効果のある有効成分が残っています。

この成分を含んだ茶殻からも緑茶カテキンの防臭効果が期待できるのです。例えば残った茶殻(市販のお茶パックを利用していればなお簡単)をガーゼに包み、気になる部分を軽く拭いておくだけでも消臭効果が期待できます。
昔から、茶殻を掃除に使用してきたのはこのような防臭効果の狙いもあったのでしょう。

そして、この茶殻パックは湯船に浮かべて「茶風呂」の入浴剤としても使えますよ!茶殻以外にも、古くなったお茶を流用してもいいですね。(改行もしかしたら封を切って数ヶ月経ったお茶は処分していた、なんていう方はいませんか?お茶として飲むには時間が経ち過ぎて香りが抜けていても、カテキン効果は残っています。ぜひ脱臭、防臭に活用してくださいね。

緑茶は食後の飲み物として美味しいだけではなく、その茶葉エキスに含まれる防臭効果のある成分が中高年の悩みのため加齢臭抑制に効果を発揮してくれるのです。まずは食後の一杯の緑茶から習慣にしたいものですね。